ジャパンボウル®とは?

ジャパンボウル®とはワシントンDC日米協会が1992年に設立した日本語・日本文化の知識を競う大会であり、米国そして他国の日本語学習者の上達度をはかる大会です。現在、米国でのジャパンボウル大会は高校生を対象に開催されています。

ジャパンボウルのユニークな特徴のひとつとして、言語のみならず日本の文化、社会、日常生活、歴史、地理、そして時事問題も出題することが挙げられます。また、出場者は日本語学習年数にそったレベルごとに2人または3人1組のチームで競い合います。

ジャパンボウルは一般的な試験とは異なり、「クイズ・ボウル」の形式を使用しています。生徒達は出題される問題を見聞きし、30秒以内など限られた時間の中でチームメンバーと相談して解答しなければなりません。問題は日本語と英語の両方で出題され、解答も様々な方法が使用されています。

生徒達は自律学習やグループ学習を通し、多くの時間を割いてこのジャパンボウルに挑みます。チームを組むことによって生徒達に協調性を育むことが出来、毎年度出題されるトピックの学習に一丸となって専念することで、他の学術分野の視野も広げることが出来ると考えています。

第一回ジャパンボウル大会は、ワシントンDC圏内の高校生のための地域の大会でしたが、数年内に米国内の他地域の学校も出場するようなりました。やがて現在の「全米ジャパンボウル大会」に発展しました。

ワシントンDCの全米ジャパンボウル大会に加え、最近ではイリノイ州、ウィスコンシン州、カリフォルニア州、そしてユタ州でもジャパンボウル大会が開催されました。また日本語学習者のためのクイズボウル大会も全米で開催されています。更に、今日ではイギリス、メキシコ、ポーランド等、他国でも開催が予定されています。

出場者が常に向上心をもち、日本語コミュニケーション能力や文化的知識を得ることが出来るような大会を目指しています。

ほとんどのジャパンボウルの出場者は、大学進学後も日本についての学習を継続し、更には日本への留学を希望しています。

また、ジャパンボウルに出場した生徒達は、将来的にビジネス、学術、芸術、公共サービス等を通して「日本とのつながり」を持つことを望んでいます。生徒達が今後どの道に進むとしても、ジャパンボウルで培った知識とスキルは、日米関係を率いる未来のリーダーになるための大きな糧になるでしょう。


全米ジャパンボウル大会®

全米ジャパンボウル大会®は、ワシントンDC日米協会の主催で毎春開催されています。ワシントンDC日米協会は、日本語を勉強する学習者の意欲向上を目的として、他地域、他国でのジャパンボウル開催の支援も行っています。

現在、多くのジャパンボウルとジャパンクイズボウルが全米で開催されていますが、全米ジャパンボウル大会®は日本語学習者にとっての「スーパー・ボウル」です。今日、この全米ジャパンボウル大会®は日本語学習者のためのトップレベルの学術大会として認識されています。毎春200人以上の高校生が全米からこの大会のために集まります。

全米ジャパンボウル大会®では、全米の日本語を学習している高校生の学力をはかります。生徒達は各学校の代表として、日本語学習年数に基づいた3人1組のチームで競い合います。

2日間のこの大会を通して、出場者は日本語のみならず日本文化、社会、日常生活、歴史、地理、そして時事問題の問題に答えます。さらに、「会話・ラウンド」では日本語母語話者と実際に会話をして日本語のコミュニケーション能力も試されます。

全米ジャパンボウル大会は、「全体験型」です。日本語能力をはかる大会に加えて日本文化公演の観賞、日米を代表する人々との出会い、実践的なアクティビティーへの参加、日米の大学で日本に関して学ぶ機会、そして何よりも全米から集まった日本語や日本文化について学ぶ意欲がある仲間と出会い、切磋琢磨する機会が与えられます。

全米ジャパンボウル大会®は、日米協会の桜まつりの前日に開催されます。この桜まつりは毎年恒例の全米最大規模の日本文化のお祭りです。

日米協会は全米ジャパンボウル大会®の期間中、出場チームの日本語教師に対し、専門的な知識や情報の共有、ネットワーク構築の機会なども提供しています。

全米ジャパンボウル大会®は、長年にわたって米日財団、日本大使館、外務省、文部科学省、国際交流基金、そして日米日本語教育学会などからの支援により開催されています。

2007年には高円宮憲仁親王の妃である憲仁親王妃久子様がジャパンボウルの名誉総裁になられ、毎年全米ジャパンボウル大会®優勝チームの学生が日本を訪れる際、表敬訪問の機会をいただいています。


過去のジャパンボウル大会®

過去の報告書

2016年度 全米ジャパンボウル大会® 報告書 (pdf)
2015年度 全米ジャパンボウル大会® 報告書 (pdf)
2014年度 全米ジャパンボウル大会® 報告書 (pdf)


メディア

テレビ東京 「世界!ニッポン行きたい人応援団」

2016年7月14日放送

2016年度の全米ジャパンボウル大会に出場した、テキサス州ウッドランズ高校(The Woodlands High School)の ヴァレリアさん(Valeria Kuvshinova)がテレビ番組の企画で日本に招待されました。

ヴァレリアさんはかねてから興味を抱いていた古民家や日本の伝統的な家に行くことができ、多くの地元の人々との出会いもありました。


第25回全米ジャパンボウル大会®出場者募集

2017年度の全米ジャパンボウル大会®は2017年4月6日-7日にメリーランド州チェビー・チェイスにあるthe National 4-H Youth Conference Centerにて開催されます。全米最大の日本文化イベントであるの桜まつりは2017年4月8日に開催される予定です。2017年度の全米ジャパンボウル大会®のスタディーガイド、アドミンガイド、申込書は以下をご覧ください。

• 2017全米ジャパンボウル大会®スタディーガイド(.pdf)
• 2017全米ジャパンボウル大会® アドミン ガイド(.pdf)(2016年の秋にアップデートされます。)
• 2017全米ジャパンボウル大会®申し込み用紙(.pdf) (2016年の秋にアップデートされます。)
• 2017学生見学者用申し込み書(.pdf) (2016年の秋にアップデートされます。)


生徒と教師のための参考書

Quizlet

2017年度全米ジャパンボウル大会® レベル2,3,4
https://quizlet.com/nationaljapanbowl/folders/national-japan-bowl-2017
2017年度全米ジャパンボウル大会® レベル2
https://quizlet.com/nationaljapanbowl/folders/level-2
2017年度全米ジャパンボウル大会® レベル3
https://quizlet.com/nationaljapanbowl/folders/level-3
2017年度全米ジャパンボウル大会® レベル 4
https://quizlet.com/nationaljapanbowl/folders/level-4\

Web-Japan http://web-japan.org
Nipponia Magazine http://web-japan.org/nipponia/archives/en/index.html
News on Japan http://www.newsonjapan.com

参考書

• 『日本まるごと辞典』(講談社)
• 『JTBシリーズ 日本絵とき辞典』(www.jptrading.com
• 『日本風物詩 Are Japanese Cats Left-handed?』、『「日本の衣食住」まるごと辞典 Who Invented Natto?』 とよざき ようこ、ステュウット・ヴァーナム−アットキン(著)、澤田組 (翻訳) IBC
• 『しきたり Unfolding Japanese Tradition』(アマゾンで購入可能)
• 『和の行事絵本 Annual Events in Japan』(2巻)高野紀子(著)  股野 儷子 マーガレット・ブリアー(翻訳)あすなろ書房(出版社)
• Fodor’s Japan: Full Color Travel Guide(2016)

「Why Study Japanese? 」プレゼンテーション

このパワーポイントは、ワシントンDC日米協会理事長、ジョン・R・マロット大使によって2014年度の全米ジャパン・ボウル大会で日本語教師の日本語教育促進を目的として作成されました。

「Why Study Japanese?」プレゼンテーション (pdf)


支援

ジャパン・ボウル大会®は、毎年多くの資金面でのご支援を受け、主に助成金によって開催されています。独立行政法人国際交流基金による支援は1996年から始められ、ジャパンボウルを全米規模の大会にするために支援していただきました。また、国際交流基金日米センターのご支援によりジャパンボウルの開催地域の拡大が実現しています。日本大使館そしてヒロコ・イワミ・マロット基金もジャパンボウル大会開催実現のための大きな原動力となっています。


スポンサー

ワシントンDC日米協会では、全米ジャパンボウル大会®開催のための資金面、その他の支援を随時募集しています。毎年ジャパンボウル出場者の95%以上が、大学で日本に留学したい、日本関連の企業に就職したいと希望しています。ジャパンボウルを支援することは、海外での日本語教育支援のみならず、次世代の日本通や日米関係を率いるリーダーの育成にもつながります。

スポンサーシップ(.pdf)


ジャパンボウル・サポーターズグループ(日本)

ジャパンボウルサポーターグループは2013年にジャパンボウルと本大会に出場する次世代の若者を支援するため、日本で設立されました。

http://www.jbsg.org


JAPAN BOWLs® ACROSS THE NATION AND AROUND THE WORLD


ジャパンボウル大会®の新規開催

長年にわたりジャパンボウル大会®は、ワシントンDC日米協会の主催で、日本語教育支援を目的とした有意義なプログラムという位置付けで発展してきました。また、ジャパンボウルは多くの企業や団体、機関によって支えられています。日米協会では、世界中のさらに多くの日本語学習者に同様の「心に残る」経験をしてもらうため、米国内そして他国の団体との協力体制を組み、新たにジャパンボウルを開催する団体を募集しています。

ジャパンボウル大会®はどのような地域でも開催することができます。町、郡、州単位、更には国単位の大会を開催することも可能です。

Japan Bowl Possible Format (.pdf)

ご質問等は神尾 りさ(rkamio@jaswdc.org)までお問い合わせください。


お問い合わせ

ワシントンDC日米協会 (www.jaswdc.org)
1819 L Street NW, Level B2
Washington DC, 20036
電話番号  202-833-2210
メールアドレス  info@jaswdc.org
kanji-kun
Kanji-kun
ジャパン・ボウル 公式マスコットキャラクター